よくあるご質問

代筆サービスの申し込みから納品まで、どの様な流れになりますか?

基本的には、以下のような流れになります。

1.お申し込み 電話取材

お電話もしくは、フォームからお申し込みをいただいた後、20分〜30分ほどお電話にて取材させていただきます。
※お申し込みと取材は、前後しても構いません。

電話取材の際は、たとえお考えがまとまっていなくても大丈夫です。ざっくばらんにお話しいただく中で、こちらからも質問をさせていただき、話の方向を整理しながら、クライアント様のイメージをまとめてまいります。

お電話は24時間受け付けております。●業界唯一
(代表受付は、三交代制のオペレーターで対応しており、すぐに近藤まで連絡が入る体制を組んでおります)

電話取材も状況によっては深夜(午前0時過ぎなど)の時間設定も可能です。
●こちらも業界唯一

ご遠慮なく、気軽にお問い合わせください。

私のクライアントには、例えば

「飲食店のオーナーなど不規則な時間帯で仕事をされている方」
「お仕事が多忙なため、遅い時間帯でしか電話ができない方」

さらには

「弔問客の対応に追われ、あいさつの準備に掛かれるのが、深夜になるという喪主様」

などもいらっしゃいます。

「24時間お電話受付」「深夜の時間帯も電話取材可」はあくまでも「クライアント様本位」という観点からの対応です。

ご遠慮なくお電話いただければ幸いです。

2.ご入金

お支払い方法は、【お振り込み】【クレジットカード】の2種類になります。
作成開始は入金確認後になります。

・料金
<「早割」コース> 24,800円
 本番まで「1週間以上ある」という方向け

 ●納期 <電話取材が完了し、入金の確認後2~4日 ※応相談>

 ●入金の期限 <本番の1週間前 22:00>

<例>【本番が土曜日】→【前週の土曜日 22:00迄に入金要】
   【本番が日曜日】→【前週の日曜日 22:00迄に入金要】

<「即日納品」コース> 29,800円
 「もう時間がない」「日数はあるが早く原稿が欲しい」という方向け
 ●納期 <電話取材が完了し、入金の確認後 最短4時間~24時間以内>
 ●入金の期限 <本番の前日 22:00>


 

 ●クレジットカード決済は「ペイパル」というサービスです。
(JCB、VISA、AMERICAN EXPRESS、Mastersが使用可能)

 ●原案の納品日を含めて、7日間の返金保証をさせていただいております。

 ●固定料金で何回でも修正可能です。

3.作成・納品

入金確認後、原稿の作成を開始いたします。
納品方法は、以下4つになります。
クライアント様に取って、一番都合のよい方法を選択ください。
※複数の方法で送ることも可能です。

パソコン スマートフォン
タブレット ガラケー
職場ファックス 自宅ファックス
※「他の人に見られたくない」
こんな場合は、送信する日時の指定も
可能です。
お近くのセブンイレブンで印刷
※別途印刷料が掛かります。
LINE

4.内容のチェック 修正内容のやり取り

できあがった原稿を「厳しい目」でチェックしていただき、修正が必要な場合には、ご一報ください。
お電話での読み合わせなどにより「クライアント様のご要望」と「プロの視点」に基づくご提案のすりあわせを行い、「成功するためのスピーチ原稿」に仕上げるための方向を見いだしてまいります。

5.修正原稿の納品

修正原稿の納品も初稿と同じく、ご希望の納品方法にてお届けいたします。
修正は固定料金で何回でも可能です。

6.結婚式当日

納得いく原稿で十分練習していただき、万全の体制で
本番に臨んでいただきます。

どの様なクライアント様が多いですか?

クライアント様の約8割は、主賓あいさつをされる方です。

経営者、士業の先生(弁護士、司法書士など)、医師などが比較的多いです。
ただし友人スピーチのクライアント様や、親族のごあいさつ、「花嫁の手紙」など、シチュエーションに応じて、様々なスピーチ原稿を作成しております。

修正・内容の変更は可能ですか?

固定料金で、何回でも修正・書き換えが可能です。

注文後のキャンセルは可能ですか?

スピーチの作成開始前は可能です。

代筆を利用する場合、料金はいくらぐらいかかりますか? あわせて納期も教えて下さい。

コースには大きく分けると【電話取材】と訪問して直接話を伺う【面談取材】の二つがあります。


まず、【電話取材】について説明します。

<文章作成 電話取材「早割コース」> 24,800円
【主賓あいさつ・親族謝辞・新郎謝辞・花嫁の手紙等(友人あいさつ以外)】
 本番まで「1週間以上ある」という方向け
 ●納期 <電話取材が完了し、入金の確認後2~4日 ※応相談>
 ●入金の期限 <本番の1週間前 22:00>
  
<例>【本番が土曜日】→【前週の土曜日 22:00迄に入金要】
   【本番が日曜日】→【前週の日曜日 22:00迄に入金要】

<文章作成 電話取材「早割コース」> 24,800円
【友人あいさつのみ】
 本番まで「1週間以上ある」という方向け
 ●納期 <電話取材が完了し、入金の確認後2~4日 ※応相談>
 ●入金の期限 <本番の1週間前 22:00>
  
<例>【本番が土曜日】→【前週の土曜日 22:00迄に入金要】
   【本番が日曜日】→【前週の日曜日 22:00迄に入金要】


<文章作成 電話取材「即日納品コース」> 29,800円
【全てのスピーチ】
 本番まで「日にちがない」「日数はあるが早めに原稿が欲しい」という方向け
 ●納期 <電話取材が完了し、入金の確認後 最短4時間~24時間以内>
 ●入金の期限 <本番の前日 22:00>

次のような場合は、事前にお見積もりさせていただき、クライアント様に確認の上、追加料金が必要になります。
1.四百字詰め原稿用紙、五枚を超過して執筆する時
(ただし、スピーチの内容上、当方の事情により若干の超過が生じた場合は除く)
2.スピーチの内容上、特別の資料収集や遠方への取材の必要が生じた場合
3.その他特別の事情が生じた場合
1~3 いずれの場合におきましても、事前にクライアント様に確認を取らせていただき、ご承諾の場合のみご請求させていただきます。
追加料金の事後請求は一切致しませんので、ご安心下さい。



次に、訪問して直接話を伺う【面談取材】について説明します。

<文章作成 面談取材「VIPコース」> 
(基本料金)29,800円+(出張旅費)要見積もり+(コンサルティング料金)要見積もり


●次のようなクライアント様にお勧めします。
新郎(新婦)を自分の後継者に考えている。スピーチを通してさらに信頼関係を深めたい。

新郎(新婦)は優秀な部下、しかし会社の業績的に思うような昇給をしてあげられない。いいスピーチをしてあげて「貸し」を作っておきたい。

近く新郎新婦と会食する。その場に同席して二人からも取材して欲しい。

スピーチを通じて、新郎新婦だけではなく、出席している部下の心を掴みたい。

新郎(新婦)のご両親とは特別な関係(大切な取引先、オーナーなど)にある。今後の関係を考え、「より心のこもった」スピーチをしてあげたい。

など

 ●納期 <要相談>
 ●入金の期限 <要相談>

料金の後払いは可能ですか?

料金は先払いになります。お申込みフォームから内容を送信いただいたあとに、返信メールが届きます。その中でお支払い方法について、ご案内申し上げます。


支払方法は


【銀行振り込み】


【PayPal(クレジットカード決済)】
<利用可能なカード>【Masters】【VISA】【American Express】【JCB】の4種類です。

の二種類になります。


原稿の作成開始は、電話取材が完了し、入金の確認後になります。

スピーチの内容に納得がいかなかった時には、返金してくれますか?

はい。その場合には、「納品日を含めて7日以内」にお電話もしくはメールにてご一報ください。振込もしくは、現金書留にて代金全額をお返しいたします。
(例)2012.07.07(土)に納品した場合。
【返金保証の受付期間】2012.07.07(土)~07.13(金)
恐れ入りますが、受付期間を過ぎてからの、返金のご連絡はお受け出来かねます。
【早割コース(友人あいさつ)】は対象外です。

電話での連絡は、どの時間帯でも可能でしょうか?

24時間受け付けております。

フリーダイヤル 0120-03-4946(ゼロサン 良く読む)



 



   


スピーチライター近藤圭太の本
(電子書籍)
『「孫子の兵法」に学ぶ
戦略的
スピーチ成功法』


Copyright(C) 2017 kekkonshikispeech-sakusei-sokujitsunohin.com All rights reserved.